虫の飼育編

準備するもの

小プラケ,餌(ゼリー),クヌギ材(産卵木),埋めこみマット(発酵マット又は2次発酵マット)

飼育法

アマミシカクワクワガタの飼育は 難しくはありません。柔らかそうなクヌギ材を 丸1日 水没させた後 これを 半日ていど陰干しします。さて つぎに 飼育ケース(私は小プラケを使いました)に発酵マット(発酵浅めのネブトマットをやや堅めに1p程度,詰まして(いわゆる底になります)このうえに 先ほどの クヌギ材(材は柔らかめで樹皮は剥いた方がよいのですが私は樹皮をはがしたら 再度巻きつけておきます)を置き, 発酵マット(発酵浅めのネブトマット)又は2次発酵マットで埋め込みます。更に 水分を 多めにして セットの完了です。マットの水分やや多め、材の水分やや少なめ、を基本にしてください。材の水分が多いと卵で腐ることが多いです。だけど、湿度がないと産みにくいので、マットの水分を少し多くして、容器内の湿度を保ったほうがいいです。使用するアマミシカクワガタは累代品なら羽化日が判るでしょうから、成熟まで♂3ヶ月、♀2ヶ月位がよいでしょうね。基本的には♂は気性が荒いですから、ある程度したら♂を飼育容器から出すか 交尾を確認したら♂を出すほうが良いでしょう。アマミシカクワガタは材にもマットにも産卵するようです。エアコンの無い私の家では6月又は9月のセットが良いのではないでしょうか。

埋めこみマットに 発酵済みマットを使用した
セットです。この状態は♂を出して
♀が 潜っている場面ですね。
こちらは 埋めこみマットに 2次発酵マットを
使用した例です。こちらも ♀が 潜っていますね♪

しばらく すると容器の外から 卵,幼虫を 確認できます

容器の外から確認した卵 2次発酵マットのセットでも同様に確認!

アマミシカクワガタは 累代が 進むと 色々と弊害が有るようなので 血の入れ替えが 大事になってきます。ですからアマミシカクワを 飼育している友人を つくり ♂又は♀を トレードしていくことを お勧めします。

材を 割ると出てくる幼虫。(奄美大島産F3) マットの中にも 幼虫が 出てきます。

さてさて 容器の外より ある程度大きくなった幼虫が確認できた為 幼虫の取りだしですね。マットの中にも材の中からも幼虫がでてきます。


越冬飼育の方法
アカアシクワガタは 越冬します。すこし深くマットを 詰めて置くと勝手に マットに潜っていきます。室内の温度変化の少ない比較的気温の低い所で管理しましょう。(暖房のない所です。)越冬時期は目安としては12月〜3月でしょう。たまに チェツクしてみてからからに 乾燥してたら 霧吹きで 軽く湿らしてください。


幼虫の飼育編
さて 問題は 幼虫の飼育です。幼虫をマット飼育する場合は水分少し多め、ヒラタくらいが成長がいいようです。私は添加剤入りマットで飼育しましたが きっちり 温度管理を 行なえばそこそこの大きさは 得られると思います。