採集記管理No.E50

雨中の奈良でのミヤマツヤハダクワガタ採集!
(採集日 2006.05.02)

少し前に 小型クワガタ愛好会のenoenoさんが奈良県の某所で ミヤマツヤハダクワガタの 幼虫,成虫を爆採れしてきたようです。普段 私は 他人がどこで何を採集しようが 影響を受けることなくマイペースで 自分の採集を 続けてきましたが・・・・珍しく今回は 影響を 受けて仕舞いました(笑)。他人がどこかで 何かを採ったから 私もそこへ行くというのは芸が 有りませんので・・・・・・。
今回 私は 奈良県のミヤマツヤハダクワガタである山に行きました。そこは 一般的には 有名な山では有りませんがおそらく奈良県の ミヤマツヤハダについて 知っている人なら知られている山じゃないのかなぁ・・・・・。今はGW連休の真っ只中で5月2日なんですが このGW連休中 数少ない天気の悪い予報が 出ておりますが 怖いかみさんよりようやく 貰えた 採集日 是が非でも 行きます。当日の朝,天気予報では午前中まで 雨が残り 午後からは 回復らしいですのでそれなら OKですね♪朝 早くから 車を飛ばして大阪を 出ますが 東大阪で 強烈な 雨の洗礼を受けます。奈良に行くまでにも何回も強烈な雨を受けます。強い雨雲が 東へ移動するのにあわせて 同じように 私も 移動していたようです(笑)
さてさて 雨の洗礼を受けながらも 私は 目的地の到着!!現地の雨も小降りになり これは いけそうです!!早速雨合羽を 装着して 歩き始めます。簡単なトレッキング気分で山道を進み続けます。雨の中を 黙々と歩き続けて目を凝らして ツヤハダの好みそうな ブナの倒木,根っこの赤枯れを探します,場合によっては斧で 様子を見てみます。どのくらいの時間が経過したでしょうか,程よい沢が有りかなり太い倒木を見つけて 第一刀を入れます。堅いブナ材ですが中のほうは 上手い具合に 赤枯れしています。堅い樹皮側よりポロポロと 幼虫が でてきます。大きさといいお尻の様子からいって 間違い無く ツヤハダです。ただ物凄く堅い材ですので ガーバーのCAMP AXEを力一杯振り下ろしますので 成虫や幼虫を 潰してしまいます。私的感覚なんですが成虫は 勿論なんですが 幼虫も堅い樹皮側に多くいるような気がしています。ここでいつもの様に 私のデジカメで 撮影なんですがなんと! デジカメを 忘れた様です・・・・・・シマッタ!とりあえずは私の携帯電話に付属しているデジカメでしのぎましょう♪・・・・便利な世の中になったものです(ただし画像が いまいちかも・・・・・)。

材に一刀を入れて こう言う感じなら GOODです ミヤマツヤハダの幼虫です。

この太い栃の木の赤材で 相当長い時間 格闘するはめになります(それほどツヤハダ材は 堅いのですよ!)この材よりは幼虫を 20匹程度回収するも 今回も成虫は回収できずです。途中で 潰した成虫はいたのですが・・・・・・なんともいえない悔しさが こみ上げてきます。正直言って この材との格闘により手のひらにマメができるは 握力は極端に落ちて行くはでもう嫌気が差してきましたが 成虫をGETするまでは収まりません。材はまだ残っていますが この材よりはもう成虫のでる気配は有りません。沢を下り次なる材を探します。もう気持ちだけで もっているような感じになってきました,おまけに雨は止む気配どころか 幾分 強くなってきたような感じです。雨の中の材割りほど集中力を そがれるものは ありません(涙)途中で大木のかげで雨宿りをしたりして 探して行きますと,ここでなんとか2本目の材に当たります。さきほどの材よりは幾分 柔らかめですが それでも相当堅いですしもう手の握力が相当落ちてきて 思う様に ガーバーが振れません。オマケに雨で 気持ちも集中力に欠けているようです。この材より 幼虫を10匹程度回収しますが 成虫は採れずです。無念さが こみ上げますが,私自身も限界にきているようです。ふと何気なくまだ赤枯れが進んでいない部分にガーバーを振り下ろしましたら 成虫が 出てきました。私の気持ちの中ではこんな所には 居ないだろうという感じの材でしたが・・・・・。ツヤハダは材にうるさいと聞いていたので 完全な赤材ばかりを求めていたんですがやはり 変な先入観は 持ってはいけないなァ

2本目のツヤハダのブナの太材 ミヤマツヤハダクワガタ成虫

やっと成虫GET!!この瞬間が たまりません。雨の中を撤収です♪殆ど まる1日を 歩き回り 堅い材を相手にガーバーで格闘しました。けれど 帰りの足取りは幾分,軽い様です。この頃から 雨が止み 薄日が差してきました。私の心の中も天気と似たような感じで日が差してきたようです 心地よい疲労感すら感じています。でも 明日は 筋肉痛だろうなぁ・・・・もう足も腰も腕もガタガタです。場所的にはミヤマツヤハダ以外にも多彩な高山種クワも狙える場所でしたが ミヤマツヤハダ一本に目標をしぼりこれを達成できた・・・こんな採集って良いなァ(笑)
勿論 オマケで マダラクワガタやオニクワガタの幼虫も出てきていましたが今回はミヤマツヤハダクワガタ採集です。

採集って 完全に マスターできることは 無いのではないでしょうか?判っているつもりでも判らないことが 多々あります。何年やっていても私は未熟だなぁ・・・と感じることが多いなァ(笑)。やはり関西では ツヤハダは 難関種であることも 再認識しました。結果は出しましたが 自分の課題も多く見えたような採集でした。
今回は ミヤマツヤハダクワガタ採集でしたがもう当分 ツヤハダの材採は結構です。ヒメオオもそうですがブナの堅材は もう 割りたくないです。ブナ材も見たくありません(大笑)